茨城県の障害年金・申請・手続き・受給 茨茨城障害年金支援センター
当センターの方針受給事例サポート料金お客様の声事務所案内お問合せ

ホーム > 当センターの方針

障害年金とは
いくらもらえるの?
受給までの流れ
受給のための3要素
受給の壁を突破する
障害年金の基準とは?
障害年金以外のサポート


対応地域

茨城 栃木 埼玉

茨城県 桜川市 筑西市 笠間市 結城市 石岡市 つくば市 八千代町 古河市 下妻市 常総市 水戸市 坂東市 小美玉市 土浦市 かすみがうら市 境町 五霞町 阿見町 つくばみらい市 守谷市 取手市 牛久市 龍ヶ崎市 利根町 河内町 美浦村 稲敷市 行方市 鉾田市 鹿嶋市 潮来市 神栖市 茨城町 大洗町 ひたちなか市 城里町 那珂市 東海村 常陸大宮市 常陸太田市 日立市 大子町 高萩市 北茨城市

栃木県 真岡市 益子町 茂木町 下野市 小山市 栃木市 宇都宮市 市貝町 芳賀町 上三川町 壬生町 岩舟町 野木町 那須烏山市 高根沢町 鹿沼市 さくら市 佐野市 足利市 日光市 那須塩原市 那須町 大田原市 那珂川町 矢板市 塩谷町

埼玉県 久喜市 幸手市 杉戸町

上記エリア外もご相談下さい。

うつ病・統合失調症・発達障害・知的障害・がん・脳梗塞の後遺症・糖尿病・慢性腎不全、その他のご病気、障害でも、障害年金を受給できる可能性がありますので、詳しくはご相談下さい。





障害年金の申請は1回だけではありません。末永くお付き合いいただけるよう、お客様との信頼関係を大切にしています。



親として、先に逝く者として、残される子どものことを想う気持ち。どこの家でも、家族を思う気持ちに変わりはないんだな・・・。いつもそう感じながら、仕事をさせていただいています。

しかしながら、家族への愛情だけではどうにもならない問題も、数多く存在しています。病気・障がいへの不安、経済的な不安、社会からの偏見。

「自分がいなくなったら、この子はどうなるんだろう・・・」

不安は消えません。

私どもには、残念ながらご病気・障がいの治療はできません。しかし、できることも確かにある、と思い、この仕事をしております。誰にでも老いは来ます。今は強者であっても、誰でもいつかは弱者になります。そのことを忘れ、自己責任だ、自業自得だ、と言うのはいかがでしょうか?

皆さんが、自分の運命と向き合っているのです。そして皆さんに、生きる権利はあるのです。茨城障害年金支援センターでは、障害年金の受給を通じて、ご病気・障がいの方への支援を行ない、生きる希望をお持ちいただく支援を続けていく所存です。

茨城障害年金支援センター 代表相談員 海老澤 亮

当センターの特徴&強み

ご依頼者様には、単に「金銭」面のお手伝いをしたい訳ではありません。「やさしさ」を、そして「生きる希望」をお届けしたいのです。

当センターの務め。それは単にご依頼者様に「金銭面の安心」をご提供するだけではない、と思います。障害年金の受給を考えていらっしゃる方の中には、大変な日常に直面し、心が折れそうになるのを、なんとか持ちこたえようとしている・・・そんな方もいらっしゃるかもしれません。当センターでは、そのような方にこそ、お力添えをしたいと考えております。

当センターの代表と職員は、医療機関での勤務経験はあるものの、ご病気・障害を治すことはできません。心のケアと言っても、特別な教育を受けておりません。あくまでも素人です。しかし、人として困っている人を助けたい。そういう当たり前の感情は持っております。困っている方に「やさしさ」をこそお届けしたい。当センターの代表も、かつては病気を経験し、「いつまで生きられるだろうか」と真剣に思い、そして多くの方の助けがあって「生かされて」まいりました。

これまで生きてきてよかった、頑張ってよかった・・・。そう思っていただけるよう、そしてこれからも「生きる希望」を持ち続けていただけるようお手伝いする。それが、当センターの使命と考えております。

他の社会保険労務士との提携等は行っておりません。最初から最後まで、当センターが責任をもって対応致します。

極めて重大な個人情報を扱う業務であり、相談当初からアフターフォローまで、当センターが責任をもって対応致します。

患者様と主治医の関係を尊重し、強引な手続き等は行いません。

これまで主治医先生との間に築いてきた信頼関係が、障害年金を申請することで崩れるのではないか?そのような不安をお聞き致します。確かに、障害年金の申請も大事ですが、主治医先生との信頼関係が崩れてしまってはあまり意味がないでしょう。

障害年金の申請を行う上で、当センターでは、

@事前にご依頼者様(またはご家族様)から、主治医先生に障害年金の申請を考えている旨をお伝えいただく。
A診断書の作成を依頼する際には、ご依頼者様からお話を伺ったものをまとめた「参考資料」として、ご依頼者様(またはそのご家族様)からお渡しいただく。

との対応をさせて頂いております。

診察の際にお邪魔して、多忙な医師にお時間をとらせないようにしております。回りくどい対応のようで、結果として、ご依頼者様の意向に沿った診断書をご記入頂けていると考えております。勿論、主治医先生からの疑問、質問等には直接対応させて頂いております。

障がい年金の他に受給できるものはないか・・・? お客様からヒアリングしながら、可能性をさぐります。

社会保険の専門家として、障がい年金以外で請求できる給付をさぐります。実際のご相談では、健康保険の傷病手当金を受給でき、数百万円受給された方もいらっしゃいます。

人事労務の専門家「社労士」として、病気休職中のお客様のご相談に乗ります。

障害年金の認定までには時間がかかります。その間に、会社側から退職の打診を受けることがあります。人事労務の専門家として、多くの企業の相談実績のある社労士が、お客様の立場でアドバイス致します。


当センターは、全国社会保険労務士連合会より認証を受けた「個人情報保護事務所」です。

非常にセンシティブな情報を扱う障害年金請求業務において、個人情報の保護に万全を期します。また、書類を郵送でやり取りすることがございますが、ご希望の方には弊事務所の標記のない「無地の封筒」を使用しております。

その他、重要書類の郵送にはレターパックを使用していますので、万一の情報漏えいがないように対応しております。

>> 個人情報保護に関するプライバシーポリシーはこちら