茨城県の障害年金・申請・手続き・受給 茨茨城障害年金支援センター
当センターの方針受給事例サポート料金お客様の声事務所案内お問合せ

ホーム > 障害年金とは > 受給のための3要素

障害年金とは
いくらもらえるの?
受給までの流れ
受給のための3要素
受給の壁を突破する
障害年金の基準とは?
障害年金以外のサポート


対応地域

茨城 栃木 埼玉

茨城県 桜川市 筑西市 笠間市 結城市 石岡市 つくば市 八千代町 古河市 下妻市 常総市 水戸市 坂東市 小美玉市 土浦市 かすみがうら市 境町 五霞町 阿見町 つくばみらい市 守谷市 取手市 牛久市 龍ヶ崎市 利根町 河内町 美浦村 稲敷市 行方市 鉾田市 鹿嶋市 潮来市 神栖市 茨城町 大洗町 ひたちなか市 城里町 那珂市 東海村 常陸大宮市 常陸太田市 日立市 大子町 高萩市 北茨城市

栃木県 真岡市 益子町 茂木町 下野市 小山市 栃木市 宇都宮市 市貝町 芳賀町 上三川町 壬生町 岩舟町 野木町 那須烏山市 高根沢町 鹿沼市 さくら市 佐野市 足利市 日光市 那須塩原市 那須町 大田原市 那珂川町 矢板市 塩谷町

埼玉県 久喜市 幸手市 杉戸町

上記エリア外もご相談下さい。

うつ病・統合失調症・発達障害・知的障害・がん・脳梗塞の後遺症・糖尿病・慢性腎不全、その他のご病気、障害でも、障害年金を受給できる可能性がありますので、詳しくはご相談下さい。



受給のための3要素

障害年金を受給するためには、下記の3つの要素すべてを満たす必要があります。



初診日の前日に初診日の属する月の前々月以前の保険料の滞納が3分の1未満である。または、初診日の属する月の前々月以前1年間に保険料を滞納していない。

このような場合は、要件を満たしています。(ただし、初診日が20歳前にある「20歳前障害」の場合には不要です。)

例えば、初診日が平成20年1月15日としますと、

平成20年1月14日時点で、平成19年11月分までの保険料の滞納が3分の1未満か、平成18年12月から19年11月分までの保険料を滞納していない、ということが要件になります。



「初診日」の考え方には誤解が多いところです。

初診日とは、障害の原因になった傷病について、初めて医師または歯科医師の診療を受けた日をいいます。

具体的には、下記のように取り扱われます。(主なものです。)

 @ 初めて診療を受けた日(治療行為または療養に関する指示があった日)
 A 同一傷病で転医があった場合、一番初めに医師等の診療を受けた日
 B 過去の傷病が治ゆ(社会的治ゆを含む)し、再発した場合は、再発し医師等の
   診療を受けた日
 C 健康診断により異常が発見され、療養に関する指示を受けた場合は、健康診断日
 D 誤診の場合、正確な傷病名が確定した日ではなく、誤診をした医師等の診療を受けた日
 E 障害の原因となった傷病の前に、相当因果関係があると認められる傷病がある時は、
   最初の傷病の初診日

ただし、障害年金の支給不支給を決める重要な判断基準になっている「国民年金・厚生年金保険 障害認定基準」では、

「原則として、本人の申立等及び記憶に基づく受診証明のみでは判断せず、必ず、その裏付けの資料を収集する。」

とあり、カルテその他の医療機関の証明または客観的な資料が必要になります。

(上記は、「障害認定基準 第2 障害認定にあたっての基本的事項 認定の方法」より抜粋しました。)



障害認定日とは、「初診日から起算して1年6ヶ月経過した日かそれまでに治った日のいずれか早い日」です。 ただし、特例がありますので、注意が必要です。

また、障害認定日には年金を受給する病状になかった場合でも、

 ・ その後、65歳到達の前日までに障害等級に該当し請求した場合
 ・ 複数の障害を併合して初めて2級以上に該当して請求した場合

などは障害年金が受給できます。